テキパキとした助産行為にホッと一安心【健康体で赤ちゃんを産もう】

医者

健康と食生活は関連します

赤ちゃん

体重増加を抑える風潮です

妊娠中の食事についての記述です。妊娠中はホルモンバランスが大きく変動することにより、食事の内容や好みに影響があることもあります。また運動を制限される場合などもあります。そういった一人ひとりに合った食生活を行う事が重要となります。最近の風潮としては体重増加をある程度のラインで抑えるというケースが多いです。妊娠中は胎児や羊水分以外にむくみなどからの体重増加が考えられます。しかし多すぎる体重増加は産道を狭め、難産の一因となる可能性もあります。そういった背景から、妊娠前の体型やその方の状況から妊婦検診時に体重チェックが行われます。必要な場合は病院などで栄養指導が行われることもあります。病院関連の栄養士などが担当することもあります。

栄養バランスが大事です

具体的な妊娠中の食事について記述します。食事は栄養バランスやカロリーを考えて摂取することが望ましいです。炭水化物や糖分などの摂取を抑え、栄養バランスを意識します。葉物や大豆類、芋類、果物などバランス良く食材を摂取した場合かなり多くの食材を摂取することが可能です。またバランス良く食事を取ることで栄養豊富かつカロリー摂取を抑えることが出来ます。妊娠中の体重増加を抑える手助けの一つとなります。しかし悪阻や吐き気が起こっている場合は食べられるものを摂り、乗り切る事が重要となります。悪阻は妊娠初期から安定期頃までに起こるケースが多く見られます。しかし体質的に長く続く場合もあり、食物の摂取が難しいなどの場合は病院への相談もおすすめです。